10の心得

スポンサーリンク
学習計画の作成

学習計画を進めるには 計画を“見える化”する

大卒程度公務員試験における筆記試験対策の総まとめとして、学習計画の立て方や作成例について説明してきましたが、最後にその計画の進め方について解説いたします。
学習戦略を立てる

学習計画を立てるべし!計画は“量”で立てる

限られた時間を有効活用するためにも、計画的な学習は受験勉強において欠かせない戦略の一つです。公務員試験勉強における学習計画は「時間」ではなく「量」で立てることの意義を解説します。
学習戦略を立てる

出題科目・出題数を整理して捨て科目を作るべし!

公務員試験は出題科目が多すぎるので、併願が利くかどうかや得意か不得意かなどを考慮して、時間対効果の低い科目は思い切って捨て去るのが得策です。捨ててはいけない科目と捨ててもいい科目について解説します。
受験者の心がまえ

予備校はポイントで利用すべし!模試は必ず受験

インターネットや書籍で公務員試験に係る充実した情報が得られるようになった現在では、予備校を全く利用しなくても、合格は可能です。しかし、予備校を全く利用せずに合格する人が少ないのも事実です。予備校は模試も含めて有効活用しましょう。
受験者の心がまえ

ノートは作るべからず!解答を出すために“使う”

公務員試験対策では、学習の基本は過去問集を活用することです。ノートは使ってもいいですが、ノートを作る作業は非効率だということを説明いたします。
受験者の心がまえ

使う参考書・問題集は絞るべし!

反復学習は勉強において最も重要な要素のひとつです。公務員試験勉強においての反復学習とはつまり、「同じ問題集を何周もする」ということであり、その重要性を解説します。
受験者の心がまえ

レジュメ付き過去問集から始めるべし!

過去問集には過去に出題された設問、すなわち重要論点しか掲載されていません。よって、過去問演習は受ける採用試験の出題傾向を掴むことに直結します。
受験者の心がまえ

合格する自分をイメージすべし!

公務員試験最短合格10の心得の一、「合格する自分をイメージすべし!」についての解説です。この心がまえは、公務員試験に合格する上で最も不可欠な要素です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました