具体的な学習計画の立て方と進め方

具体的な学習計画の立て方と進め方 学習計画の作成

公務員試験の内容と対策法を把握したら、いよいよ実際に受験勉強を始め、進めるための具体的な計画・スケジュールを立てることになります。

このカテゴリでは、大卒程度公務員試験の筆記試験攻略のための最終章として、“本試験までの残り期間に応じた具体的な学習計画の作成方法”と、その計画に沿った“全体的な学習の進め方”について、1年間と6か月間のスケジュール表の作成例を参考に見ながら詳説いたします。

スポンサーリンク
学習計画の作成

学習計画を進めるには 計画を“見える化”する

大卒程度公務員試験における筆記試験対策の総まとめとして、学習計画の立て方や作成例について説明してきましたが、最後にその計画の進め方について解説いたします。
学習計画の作成

6か月間の学習計画はこのように立てる

公務員試験(国家一般職・地方上級)を6か月計画で勉強するケースについて、使う参考書や学習順序をなど踏まえた6か月間のスケジュール例をみながら、計画内容を詳しく紹介、説明いたします。
学習計画の作成

1年間の学習計画はこのように立てる

公務員試験(国家一般職・地方上級)を1年計画で勉強するケースについて、使う参考書や学習順序などを踏まえた1年間のスケジュール例をみながら、計画内容を詳しく紹介、説明いたします。
学習計画の作成

科目別の必要学習時間と1日の学習科目数の予測

公務員試験のスケジュールを作成する前に、スケジュールを作成する上で考慮すべき基本事項と各科目の勉強開始時期と勉強順序について整理しましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました