筆記試験の勉強はこう進める~専門試験編

筆記試験の勉強はこう進める~専門試験編 専門科目対策

公務員試験における専門科目は、大きく行政系科目(政治学、行政学、社会学、国際関係)、法律系科目(憲法、行政法、民法、商法、刑法、労働法)、経済系科目(ミクロ・マクロ経済学、財政学、経営学、会計学)に分けることができます。

なお、国家公務員試験では、国家一般職の心理学、教育学、英語(基礎・一般)、国税専門官や財務専門官の情報工学、情報数学など、選択できる科目は多岐にわたります。

国家公務員試験における専門試験の配点比率は、国家一般職では教養試験の2倍、国税専門官や財務専門官では教養試験の1.5倍と、専門試験重視となっています。

一方、地方上級ではばらつきはありますが、約5割の自治体が教養と専門の配点が同じで、約4割の自治体が専門試験重視の配点となっており、大卒程度公務員試験では基本的に専門科目重視の勉強スタイルで対策を進めなければなりません。

高校時代にある程度学習したことがある教養科目とは異なり、専門科目には全く学習したことのない科目が多々あるので、専門科目に割く勉強時間の割合は必然的に大きくなります。

教養科目に比べ専門科目は、予備校が出版している本もその他市販の本も内容・量ともに充実しており、公務員試験でよく出題される分野もだいたい絞られることから、しっかり対策すればその分報われる科目と言えるでしょう。

したがって、いわゆる記念受験生を除いて、合格付近レベルの受験生の間においては、専門試験ではあまり差がつかないとされており、いかに専門科目でとりこぼしなく得点できるかが、合格するための大きなポイントだと言えるでしょう。無駄のない適切な学習方法が要求されます。

この「専門科目対策」のカテゴリでは、教養科目対策と同様、各科目別に、科目概要→おすすめ参考書→おすすめ過去問集と参考書を活用した具体的な勉強法、という流れで解説します。

各科目における頻出分野や重要論点とかは全部参考書や問題集に載っているため、敢えて細かく説明しませんことをご了承願います。

スポンサーリンク
専門科目対策

その他(心理学・教育学・英語(基礎・一般))

国家一般職の専門試験において選択科目として出題される心理学・教育学・英語(基礎・一般)。いったいどのような科目で、どの程度のレベルで、どうすれば攻略できるのか。これらの科目を学習するかどうか迷っている方をご案内します。
専門科目対策

会計学

国家専門職である国税専門官試験で8問必須回答で出題される会計学。他の公務員試験ではほとんど出題されないので軽視されがちですが、国税専門官が本命の受験生は採用後のことも考えてしっかり勉強しましょう。
専門科目対策

経営学

経営学は公務員試験では比較的マイナーな科目ですが、国家公務員一般職・地方公務員上級レベルという枠組みの中では、刑法や労働法よりはメジャー。経営学を選択する場合の学習指針を紹介します。
スポンサーリンク
専門科目対策

財政学・経済事情

公務員試験における財政学は、国家や地方の経済活動や制度、また各国の経済学者の方々が唱えた財政理論等について問われる科目です。経済学と重複する論点も多い財政学ですが、経済事情と併せて学習指針を紹介します。
専門科目対策

マクロ・ミクロ経済学

公務員試験におけるミクロ・マクロ経済学は専門科目の中でも超重要科目に位置づけられますが、苦手意識を持つ公務員受験生が多いのも事実。独学でミクロ・マクロ経済学を攻略する効率的な学習法を紹介します。
専門科目対策

商法・刑法・労働法

国家公務員一般職、地方公務員上級レベルの公務員試験においてはややマイナー科目に位置づけられる商法・刑法・労働法ですが、上位合格を狙うのであればそれなりの対策は必要です。傾向と対策をチェックしましょう。
専門科目対策

民法

民法の特徴は、とにかく「範囲が広い」ということ。さらに単なる暗記問題ではなく事例問題も出題されるので、理解も必要です。対策ななかなか大変な公務員試験の民法について、効率的な学習法を紹介いたします。
専門科目対策

行政法

行政法は地方公務員上級における法律系科目の中で最も配点が高い科目であり、国家公務員一般職においても憲法と同じく受験生は必ず勉強してくる重要科目です。ここでは行政法のおすすめ本と勉強法を紹介いたします。
専門科目対策

憲法

憲法は専門試験においてどの受験生もある程度得点してくる科目なので、憲法で大きくミスすることは致命的です。ここでは得点源とすべき科目である公務員試験憲法の学習指針を紹介します。
専門科目対策

国際関係

国家公務員一般職の選択科目でもあり、特別区を除くほとんどの地方公務員上級でも2~3問ほど出題される国際関係。公務員試験における国際関係の科目対策について、選択の是非とともにその学習法を紹介します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました