国家一般職

スポンサーリンク
ボーダー・得点確認

国家一般職試験(高卒・事務)のボーダー確認・得点計算

国家公務員一般職採用試験(高卒・事務)の年度別合格点・平均点等の確認と、素点・判定データ入力により標準点及び総合点を算出するページです。過年度の試験データの確認や受験年度の合格ボーダー確認・予想、得点計算にご利用ください。
ボーダー・得点確認

国家一般職試験(大卒程度・技術)のボーダー確認・得点計算

国家公務員一般職採用試験(大卒程度・技術)の年度別合格点・平均点等の確認と、素点・判定データ入力により標準点及び総合点を算出するページです。過年度の試験データの確認や受験年度の合格ボーダー確認・予想、得点計算にご利用ください。
ボーダー・得点確認

国家一般職試験(大卒程度・行政)のボーダー確認・得点計算

国家公務員一般職採用試験(大卒程度・行政)の年度別合格点・平均点等の確認と、素点・判定データ入力により標準点及び総合点を算出するページです。過年度の試験データの確認や受験年度の合格ボーダー確認・予想、得点計算にご利用ください。
公務員試験を知る

公務員試験には「基準点」という足切りラインがある

国家公務員試験でも地方公務員試験でも、試験種目ごとに最低限得点すべき点数という「足切りライン」が存在します。
公務員試験を知る

合格点は「素点」ではなく「標準点」で決まる

国家公務員採用試験における合格点の算出方法について、人事院が公表している情報に基づき説明します。
公務員試験を知る

差がつくのは教養試験?専門試験?

公務員試験1次で課される筆記試験(多肢選択式)については、教養試験よりも専門試験の方が配点比率が高い、又は同配分のいずれかの傾向が強いといえます。
公務員試験を知る

試験科目数は膨大。学習は広く浅くが原則

国家一般職、地方上級の出題科目数を掲載。学習は浅く広くが鉄則、捨て科目を作ることが重要
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました