併願受験

スポンサーリンク
公務員試験を知る

併願先は「現実的で」「納得できる」ところを選ぶ!

公務員試験を受ける際に、「第1志望以外受験しない」というのは非常に危険です。就職浪人を避けるためには可能な限り併願受験すべきで、本記事では併願する際の注意点及び考え方について説明いたします。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました