公務員試験は参考書・問題集が合格の成否を分ける!

参考書・問題集選び 参考書・問題集選び

独学受験者の学習のメインはレジュメ付き過去問集を使った演習です。また、科目によっては知識補充用として参考書が必要になります。(本サイトでは「参考書」(解説メインの解説書)と「問題集」(問題メインの演習書)を区別しています)

つまり、予備校生にはテキストの他に「講義」がありますが、独学者が頼れるのは参考書と問題集のみ。言うまでもなく、学習に使う参考書・問題集の良し悪しが公務員試験の合否に直結します。

スポンサーリンク

本選びを間違えると大変なことになる

間違った学習本選びをしてしまうと悲惨です。ダメな本を使ったが故に貴重な学習時間を失うばかりか、その本にかかる科目に苦手意識を持ってしまい、勉強意欲が大きく損なわれる恐れがあるからです。

合格までの大きな回り道になるどころか、本試験まであまり期間が無い独学受験生が参考書・問題集選びを間違えるとほぼ詰むため、安易に選んだ学習本で受験勉強をスタートしてはいけません。

一方で、予備校に通う受験生は基本的にその予備校からテキストが支給されるため、参考書や問題集選びに迷うようなことはないと思います。ただ、予備校の本にも科目によって出来不出来があるため、たとえ予備校生であっても、必要に応じて各社の学習本を使い分けることも視野に入れておくべきでしょう。

ということで、公務員試験のおおまかな受験戦略を立てたら、次は参考書及び問題集選びです。公務員試験の独学受験の成否は、半分以上この学習本選びに懸かっているといっても過言ではありません。

ただ、公務員試験にかかる参考書も問題集も、現在は様々な会社から出版されており種類も豊富です。一度でも公務員試験の学習経験がある人ならまだしも、初めての人はどの本を選べばいいのかなかなか判断しにくいでしょうし、何より参考書や問題集というものは人によって相性というものがあるので、学習経験者であったとしても「どの本が最も優れているか」なんて一概に判断できません。

よって、当サイトといたしましても「最も出来の良い参考書・問題集はどれか」ということを結論付けることは簡単ではありませんが、少なくとも「公務員試験勉強において使える本か使えない本か」を見分けるノウハウは持ち合わせているつもりです。

そこで、本章では、受験生の皆様が学習本選びに失敗しないために、当サイトが実際の経験と調査と議論の末に導き出した参考書の選び方問題集の選び方、及びお勧め過去問集について、いくつかのポイントを挙げつつ紹介したいと思います。

なお、お勧め参考書については、第5章と第6章の「筆記試験の勉強はこう進める」の中で科目別に紹介しておりますので、そちらを是非参考にしていただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました